廃墟文藝部

2012年7月に非営利団体として発足。

一人称小説のような、【誰かの視点から見た世界】を表現した演劇を作ろうと奮闘中。

自作した音楽、映像に役者が合わせる音楽的な作品も多い。

 

主宰  道端タダシ

作演出 斜田章大

総監督 こうみえて元気ちゃん

 

お問い合わせはこちらまで。

 haikyobungeibu@yahoo.co.jp

受賞歴等

2014年 【第一回のべるちゃんこんてすと】でノベルゲーム『ちょこれーとぷらねっと』がユーザー賞獲得。

2014年 短編芝居「24時」で国際コメディ演劇フェスティバルにてコントBグループアワード受賞。

2017年 短編芝居「モノカキ」が第6回クォータースターコンテストにノミネート。

2018年 長編芝居「小説家の檻」が平成30年度北海道戯曲賞、最終候補に選出

2019年 演出家 斜田章大が若手演出家コンクール2019優秀賞受賞

2019年 長編芝居「サカシマ」が令和元年度名古屋市民芸術祭特別賞(奨励賞)受賞

2020年 長編芝居「サカシマ」が第26回劇作家協会新人戯曲賞最終候補に選出

2021年 映像作品「鑑賞小説」第二弾「文字すくい」がNAGOYA NEW クリエイター映像 AWARD 

金城ふ頭賞を受賞。

 

2021年 長編芝居「残火」が令和3年度北海道戯曲賞最終候補作に選出。(2022年3月最終審査予定)